Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://musousenkavocaloid.blog.fc2.com/tb.php/29-a571076d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ボカロ×AW23話前編



ピー、ピー



レンでーす


3月のぽかぽかして眠くなりますねw


ディザスター事件から大体1ヶ月ぐらい立つのかなぁ

結局、ロータスの殺した人も助けてくれた2人

組もわからんじまいで進んでるんかな...

さて、そろそろボカロの設定年齢が近づいてくる

としごろだなぁ....鬱になる...


レン 「おっす」


リン 「おっはよーアリュちゃんw」



アリュ子? 「おはようございます、レン「くん」」



レン 「おい...お前誰だ?」


アリュ子? 「え!?私は、ny....アリュ子ですよ~」


レン 「お前は大体きゅんって言うからな.....で、

お前は誰だ?」


アリュ子? 「うう....分かりましたよぉ....

昼休みに話します...」

----------------------------------------------------------------------
Side アリュ子 時は昨日に遡りますw







えっと、今日は姉さんと真尋さん

が代表でダイブして近況報告

しようとしてました~



アリュ子のデジタル研究室


真尋 「お前、よく短期間でこの時代の

システムの研究施設なんて作るな.....」


アリュ子 「まあ、エロゲー体験マシーンとか

リアル銃ゲームとか作ってますしねw」


真尋 「宇宙人はもっとまともなのを作れないのか.....」


アリュ子 「まあ、真面目なのは作ってますが....まだ未完成なもの

ばっかりなんで.....で、本題に入りますけどどうですか?

見つかりそうですか?って、姉さん!未完成で危険なのもあるの

で触らないでくださいよ!」


ニャル子 「だいじょーぶですよー!」



真尋 「アイツには叱っておく....えっと、それらしきもの

の情報はたくさんあるんだけど....しらみつぶしするしかないね

....残り5箇所ぐらいしかも、どれも山の頂上とか谷の奥底とか

やばいところにあるからな.....」


アリュ子 「私も苦労しましたよ....特にグランドキャニオンの

谷底とか聞いてガセだったときはブチギれました....」


真尋 「結局どこで見つかったのか?」


アリュ子 「弟子にミシシッピ川上流側のほうで稽古教えてる

途中に見つかりました。」


真尋 「その弟子って人間だよな?」


ニャル子 「あ....ボタンこわれt.....ギャーーー!」


アリュ子 「もちr.....ギャーーー!」

















アリュ子 「ふう....なんとか痺れが取れました」


ニャル子 「あーびっくりしたって真尋さん!?

どうしてここに!?」





真尋 「おい....もしかして....それ」




アリュ子 「精神変換装置....しかも...

ボタンが....姉さん!?」



ニャル子 「え....なななんのことでしょうか?」


アリュ子 「姉さんのバカァァァァァ!」


ニャル子 「ごめんなさぁぁぁぁい!」



アリュ子 「!?ちょっと待ってください....

姉さん....だまされたと思ってバーストリンクって

言って、時が止まるのを確認したら.....バースト・アウトって

いってください。」



ニャル子 「バースト・リンク?」




バシィィィン



ニャル子 「バースト・アウト?あ、動きましたw

すごいですね!ザ・ワールドいつ覚えたんですか!?」



アリュ子 「真尋さん...1時間ぐらい姉さんを

借りますので.....もう寝てていいですよ~

装置は明日のこの時間までに用意します.....」


真尋 「分かった。ニャル子、がんばれw」


ニャル子 「そんなぁTT真尋さーんTT」


アリュ子 「で、姉さんそのアプリを説明する前に.....

超リアル格ゲーって興味ありますか?.....」



----------------------------------------------------------

Side ニャル子

ニャル子 「結局2時間続きました....orz

その後説明書らしきものを渡されました.....」


リン 「ん?杉並にいるときには吹っかけられない

と思うけど.....」


レン 「.....!そうか.....チッよりによってあの日か

.....リン、放課後は....領土戦か...!」



リン 「ええ!じゃあサッちゃんに代わってもらおうよ!」


ニャル子 「いえ.....いいです....私もそのゲーム、

やってみたくなりましたw」


レン 「アリュ子からブレインバーストのことで聞かされて

ますか?」


ニャル子 「はい~隅からぁぁ隅までたたきこまれましたTT」


リン 「よほど、アリュちゃんもそれに執着してるからねw」


ニャル子 「まあ....彼女には迷惑かけっぱなしですので.....

これでは足りないくらいですよw」


レン 「分かりました....あっ、改めて自己紹介します

十六夜蓮です」


リン 「同じくリンですw」


ニャル子 「いつもニコニコ貴方に這いよる混沌

ニャルラトホテプです!」


決まったw


レン 「姉も妹もかわんねーな、決め台詞が.....

変態癖もかわらないのかなぁ好きな人にしか

目がないとか....」


ニャル子 「ギクッ....そ....そんなわけないですよぉ.....」


いやぁ、クローンってコワイネー


リン 「図星だーーw」


ニャル子 「....外に漏れたら面倒だから

ばらさないでくださいねw」


レン 「話をそらさないでください.....」

--------------------------------------------------------------- 



放課後 


ニャル子 「そろそろ時間ですか?」


レン 「ああ、味方潰さないできださいよ.....」



ばしぃぃぃん!





----------------------------------------------------------------


カオス 「さってぇ~技拝見....

宇宙CQCの一部が使えますねぇw

これはアリュ子のもw」


トパーズ 「仲間のとこ行くんで

ついてきてください...」


カオス 「はーい」


クロウ 「ああ!二人とも、よく来たね!」


トパーズ 「ん?サッちゃんは?」


クロウ 「先輩方は上で見ています~」


トパーズ 「まあ、いっかで今回の対戦

相手は?」






??? 「ヘイヘイへーイ!ギガクゥゥゥルだぜ!」


??? 「アッシュ、だめだよ敵の隙を見分けなきゃ....」


トパーズ 「ん?二人だけ?」


アッシュ 「NO!NO!まあ、後のお楽しみってことだwんじゃぁ!

ギガクールに決めるZE!」


トパーズ 「っと!クロウ!アッシュと遊んでてくれ!」


クロウ 「了解!」


トパーズ 「カオス、こいつは危険そうだ...一気に

片付ける!」


??? 「わぁぁ!えっとぉエアーシェイプ!」


エアーシェイプ

自分を空気にする技


カオス 「何!こういうのは!さっ、

ウルトラダイナミックジャンボトルネード!」


ウルトラダイナミックジャンボトルネード


バールで竜巻を作り吹き飛ばし技


???「!?わぁぁぁ!くっ....必殺!

ジェミニコンバート!」







彼は、もう一人の自分を作った。

??? 「ヒヒヒ...お前ら根絶やし決定ww」


??? 「僕らのネームはオキシ・ジェミニ。

もう一つの人格を必殺ゲージを使い召喚できるんだ」





カオス 「なっ!?」



オキシ2 「じゃあ、どう調理すっかなwww」


トパーズ 「サーベル!はぁぁぁ!」



オキシ2 「聞かないよぉだwww」


トパーズ 「こいつは空気だったな....(アッカリーン[はーい!]

いや、呼んでねえし」


カオス 「こうなったら、宇宙CQC必殺!

根性やk....」


トパーズ 「やめろ!今酸素にふれると!」


ズガァァァァン!


カオス 「ぎゃぁぁぁあ!」



オキシ1 「酸素の使い方、分からないんですか?

では、こちらから行きますよ!エアーズブレード!」


トパーズ 「ちっ!」


ガキーン


オキシ2 「wwwうける....」


カオス 「よくも、コケにしましたね!

宇宙CQC!冒涜的な手榴弾!」


オキシ2 「ばかぁwww!」


カオス 「これは、特別仕様の.....






氷結する手榴弾です(ドヤッ」




オキシ2 「あべばぁぁぁぁぁ!」



---------------------------------------


アッシュ 「ヘイヘイへーイ!カラス野郎の

相手は俺様だ!」


クロウ 「望むところです!はぁぁ!」



??? 「天元トッパァァァ!」



クロウ 「地面から!?グアァァァ!」



3割減った。



アッシュ 「へい!リチウム・ドリラー!

俺とこいつの勝負を邪魔すんじゃねぇ!

Fu★k you!」


ドリラー 「いいじゃん!私もこいつやりたかったんだし!」


アッシュ 「暇アンならオキシ手伝え!サック!」


ドリラー 「はぁい....」


アッシュ 「ったグアァァァァァ!」


空中ダイブキックをされた


クロウ 「しゃべってるのが悪いんです」


アッシュ 「このテラfu★k!いきなりアッタッキング

してんじゃねえええ!!!」


-----------------------------------------------------------




カオス 「ふう...ん?とう!」


ドリラー 「また逃した....」


カオス 「ホリス★ム君!?」


ドリラー 「ちっ、脳天逃したか...」


カオス 「なかなか、やりますね....では!

はあああああ!」


バールを投げつけた


ドリラー 「聞かぬ!」


地面にもぐった


カオス 「もう!何なのですか!?

....!ニヤッ」


ポイ


(手榴弾)



ドリラー 「ぎゃああああ!

ケホケホよくもやったなあ!

必殺の!さあ!お前好きだろ!

やばいジュース!」


ぽっぴっぽーMk2

いろんな意味でやばいジュースを投げつける



得体の知れない何かを至近距離で投げつけた


カオス 「なっ!ゴクッ」


おぇぇぇぇぇぇ!







しばらく お待ちください.....







カオス 「もう、怒りました!宇宙CQCエンハンサー!変身!」



仮面ライダーらしき人に変身した。



カオス 「ライダァァァァ!キック!!!」



ドリラー 「ぎゃぁぁぁぁぁ!」



リチウム・ドリラーKO



後半へ続く
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://musousenkavocaloid.blog.fc2.com/tb.php/29-a571076d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。