FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://musousenkavocaloid.blog.fc2.com/tb.php/42-0017d428

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

AW×ボカロ 32話

チェインD 「.....さて....どう調理

しよっかな~」


クリキン 「え!?こいつ....飛んでる!?

ありえねえ!?」


ロータス 「いや、私の子も飛べる」


クリキン 「mgd!?つーかロータス、いつ子

作ってた!?」


チェインD 「クレイジートルネード!」


クレイジートルネード 


槍をつかって巨大竜巻を作り攻撃する

翼をつかったため威力も上がっている


チェインD 「はぁぁぁぁぁ!!!」


ポッド 「ぐっ、はぁぁぁぁぁぁ!ニック!

いけぇぇぇぇ!」

--------------------------------------


.....これを引き抜けば姫は帰ってきてくれる...


私の手の届くところに.....


私の....ところに




駄目だよ!




!?


それが、扉....もう一度だけ

貴方をかの国にいざなう扉...


さあ!




!!!



本.....これは.....やっと私は...


アンリミテッド・バースト


--------------------------------------


メロウ 「.....来るよ?」









私、来たよ.....姫、ミク、レイカ





カラフル 「メグちゃん!?」


ロータス 「恵ははるか昔にバーストリンカー

だったのか?」


チェインD 「分からない.....」


ポッド 「なんだよ、なんだよ、

なんなんだよ!お前ら!もう、皆

燃えカスになっちまえよ!

シャコール・ストーム!」


ロータス 「いけない!」


大丈夫...姫たちは私が守るから....



パラダイムレヴォリューション!




チェインD 「これは!?トパーズに...」


カラフル 「これは...強制変遷...しかも

制限なし!?」




ポッド 「スコーチング....!?」




-----------------------------------------



ロータス 「大海ステージ...」



姫、魔法の時間は終わり


姫、貴方は貴方の物語をまっすぐ

進んで....私はもう後ろを振り向かないから...





クリキン 「たずけでぇぇぇ」


チェイン(解除) 「はぁ...私はこいつを

助けにいくから、後よろしくw」



-------------------------------------------



カラフル 「さて....私達3人は目を引かして...

ロータスはその隙に攻撃を...」



メロウ 「大丈夫ですよ~」


ラグーン「だって海やっさー!」


二人 「せーの、シェイプチェンジ

マリンモード!」



カラフル 「じゃあ、私も海限定に!

モジュールチェンジ!」



悲しみの海に沈んだ私 目を開けるのも億劫

このままどこまでも堕ちて行き 誰にも見つけられないのかな


どこへ向かい、何をすれば? ふと射し込む一筋の光

手を伸ばせば届きそうだけど 波に拐われて見失った


モジュール 深海少女(海限定)


大海ステージをさらに深くし

深海ステージに変更しかも

どんどん深くなっていく

そして味方に薄いバリアを張る。

ちなみに補足すると、バリアを張られていない

リンカーは高くなりつつある水圧に潰される

マリンモードなど海対応アバターなどの

一部アバターには効果がない



ポッド 「ぐああ!頭が!体が!きしんでいく!」


ニック 「?」


ロータス 「ふん...テイムされたものは

飼い主の言ったことしか守らないからな...

しかも、こいつにもバリアが張られている

お前だけがもがいているっていうことだ」



深海少女 まだまだ沈む

暗闇の彼方へ閉じこもる

深海少女 だけど知りたい

心惹かれるあの人を見つけたから



ドル・メロ 「やぁぁぁぁぁ!!」


ポッド 「うがぁ!な...何をする!?

うぁぁぁぁぁ!」



渦潮が起きた



声にならない気持ちが溢れてとけた

次の瞬間、君が突然姿を消した


心配性の 彼女は焦る

闇が彼を隠しひとりきり

限界少女 その手を伸ばす


「ほらね、君も素敵な色を隠してた」



チェイン 「ロータス!縄をぶち切れ!」



ロータス 「!デスバイパラージング!」



ブチッ



ラグーン 「よし、切れた!」


ニックはロータスでもなくカラフルでもなく

自分を縛り上げた元凶にずんずん進んでいく




ポッド 「!?よし!ニック!こいつら

を噛み千切れ!」


ニック 「ごおおおお!(よくもおれを

こきつかいやがったな!?しねぇぇぇ!)」


ポッド 「何やってるんだ!?ニック!

ご主人様は僕なんだぞ!?

嘘だ!なんでニックが僕を!?」



ロータス 「皆も、ペットを大切になw」



メロウ 「誰にいってるんですか?」


深海少女 腕を引かれる

歌う祝福のマリンスノー

深海少女 もっと知りたい

心惹かれるあの人を見つけたから


この海を出て 今飛び立つの



ポッド 「うそだぁぁぁぁぁぁ!!!」



カラフル 「ふう.....」





ラグーン 「やったね!ねえねえたち!」







メロウ 「声が透き通って良かったです~」





ロータス 「ん?誰か忘れてないか?」





カラフル 「あーーーーっマスター!!」





メロウ 「師匠も!」





ロータス 「お前達とカラフルで探しに行って来い...



で探したらポータルでさきに戻ってくれ



私は、こいつに用があるからな...」





ラグーン 「ねえねえ達!わんももっと強くなる!

そのときは.....」





ロータス 「ああ、約束だぞ?」





カラフル 「二人とも、いくわよ~

(後で情報よろしくね?)」





ロータス 「コクリ」




----------------------------------------





ロータス 「次の復活でもしバックドア情報を

吐き出さないと...

貴様を切り殺す...

ポイント失おうが...なんどでも...な?」

-----------------------------------------------


一方そのころ


チェイン 「.....?海賊船?って....幽霊船!?

すっごい怖い.....」


クリキン 「そういやあ、弟子共が海でお宝の入った海賊船

があったみたいなことを言ってたなぁ.....」


チェイン 「お宝!?クリキン!さっさと殴りこみに行って

変遷が終わるまでに探し当てるのよ!」


クリキン 「ちょっ!?マジムンは!?弟子共は!?」



チェイン 「二人がいるから問題ないーーー!」



クリキン 「ぎゃーーー!分かったから頭をひっぱんねー

でくれぇぇぇ!」

----------------------------------------------------


次回予告! ミク 「ボルトさんとマスターは海底を

彷徨っている間、幽霊船内に侵入お宝を探し求めて

いたら....?幽霊船長!?私みたいに変わる

戦術に苦戦!どうなっちゃうの!?次回!「ゴーカイな船長」

次回も、バーストリンク!」





天音です~次回はクロスしますw

あと、私は木曜日から1週間用事で

投稿不可になります.....

せめて、沖縄編プラスR18版は完成させたいと

思ってますwでは~(R18はピクシブのみのアップです~)


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://musousenkavocaloid.blog.fc2.com/tb.php/42-0017d428

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。